名古屋へ逃げた探偵さん
HOME 憧れて お話し 珍しいケース 友達 怪しい行動 その後
 HOME

自称探偵。

わたしの元カレが、職業は探偵だとずっと偽っていたんです。

まさか、ただのチラシ配りのアルバイトだったとは、これっぽちも思いませんでした!!!


いやね、チラシ配りと言っても、一応は尾行調査なんかのお手伝い程度はしていたみたいなんです。
あとで知った話しなんですが、本当にただのお手伝い程度で、それほど重要な調査には加わってなかったみたいで。
でも、その、ちょっとした経験が、話しをリアルにしてたんですね。
すっかり騙されてましたよ。
2年近くの年月。

カレ、いつも言っていたんです。
“名古屋で探偵として独立する”って。
何故に名古屋?
その理由も、笑ってしまいました。

とあるアイドル、名古屋の栄を拠点に活躍している女の子たちのファンだったんですね。
もう、気持ち悪いったら。
いい歳して、そんなの(ごめんなさい!!!)を追っかけて、自分の人生を選んでいくなんて。

今思えば、名古屋へ行くことを理由に、お別れして良かったなって、思ってます。
職業も結局違っていたし。

わたしがカレと付き合った理由も、探偵というものに憧れて、だから、あまり人のこと、言えたものでもないのですが・・・。
でも、そういう職業の人って、身近にいないものだから、格好良くみえてしまったりしませんか?
友達の旦那さまも警察官で、結婚式で見たときは、それは格好よく見えましたよ。
消防士さんなんかもその類ですね。

まぁ、探偵さんは、ちゃんとしたお仕事じゃないって言えば失礼かもしれませんが、特に免許や資格が必要でないから、公務員の警察官や消防士さんとは一緒にできないのかもしれませんけれど・・・。
とにかく、わたしにはそれが公務員のみなさんと同じように輝いて見えてしまったのです。

前に、テレビでも見たことがありますが、警察に相談に行っても、事件ではないから、と取り合ってもらえず、それをとある探偵事務所の人が代わりに護衛したり、それについて調べたり、場合によっては相手と話しをつけたり、そんな番組を見ると、同じような職業に見えてしまったのかもしれません。

元カレから、探偵として名古屋で独立したいんだ、と聞いたときはまだお付き合いしていなかったのですが、わたしはこころの底から応援したくなってしまいました。
実際の仕事としては、職業詐称に当たるのかもしれません。
メインは、毎日、ただチラシを配っていただけなのですから。

でも、自分で事務所を開いて、という夢までは嘘ではなかったかもしれませんね。

と、言うか、そう願いたいものです。

 

 最新のお知らせ
男というものは、異性からバカにされたり、プライドを傷つけられるのをとても嫌がり、怖がるものです。そういうものなんだそうです。女性とはその次元が違うんですね。男性はその場では、感情を外に出すことがないんですが、とても傷ついています。男性は立ててあげることで自身が付きますから、頭ごなしに相手を否定するなんて事は絶対に避けましょうね。よく見かける風景ですが、家族で買い物をしていて、お父さんがすっと食べたいお貸しをかごに入れます。それを奥さんと子どもがすごい勢いで怒鳴られ睨まれる。かわいそうに、お父さんはすごすごとお菓子を戻しに行く。すごく食べたかったのに・・・一生懸命に家族のために働いてきているのに、たった200円のお菓子さえ買えないんだと、相当プライドは傷つけられることになりますね。奥さんにしたら、普段節約をして頑張っているのに、そこにぽんと自分が食べたいお貸しを入れられたら、むっとするでしょうね。そこで賢い奥さんは、お父さんを立てます。今日はこれを買ってしまうと食費が足らなくなるから、今度買っておくね、または、今度買い物に来た時は、好きなのを買おうよって。探偵 名古屋で浮気調査をされる旦那さんには気弱でこんな家族で買い物の時にすごすごとお菓子を戻しに行くような優しい性格の方もいるそうです。家族思いでないわけではないんですが、安らぎが家庭に無いんでしょうね。外に安らぎを求めてしまうんでしょう。浮気は悪いことですが、同情してしまいます。旦那さんを立てて大切にしましょうね。

働かない「働き蟻」がいるって知って、え?!じゃあ、働き蟻っていう名前を付けたら駄目じゃん!て思いました。もっと詳しいことを知りたくなって調べてみました。いつもなら、パソコンですっと調べられるんですが、あいにくパソコン 修理に出しているところだったので、久々に図書館に行ってみることにしました。それで、蟻の本を見ているうちにどんどん知的好奇心が刺激されるような情報がどんどん入ってきたので、その中でも面白かったことを紹介します。働き蟻には、「2:6:2の法則」があるそうです。これ人間の組織でも同じなんですが、2割の人が、率先してリーダーシップを発揮し必死に働き、6割の人が、普通に働き、2割の人が、あまり働かない。じゃあ、働かない蟻って何をしているのかって言うと、蟻の巣の中で、じっとしていたり、体を掃除?してたりするんですって。そんなことをしていて、他の蟻にいじめられないのが不思議ですね。許されてるのかな・・・。2004年に北海道大学の大学院で農学研究科の助手をされている長谷川英祐さんが1日3時間位6ヶ月くらい1匹1匹に個体を識別できるようにマークをつけて観察をしたそうです。で、働かない蟻の2割を取り除いたら、みんながよく働いて効率が高まったかというと、実は、2割ぐらいは働こうとしなくなってくるらしいです。で、よく働く蟻の中には過労死する蟻もいるらしいです。人間社会と同じだなって思いました。ちなみに働き蟻はすべて繁殖能力を持たないメスなんだそうです。女王蟻となるメスの蟻と、オスの蟻が巣から飛び立ち、オスの羽蟻は女王蟻となるメスの蟻と結婚飛行に旅立ち、交尾すると力尽きて、地面に落ちて他の生き物のえさになってしまいます。1ヶ月で成虫になって、交尾をしたら食べられる運命。なんか、可愛そうですが、女王蟻に受精させるのが使命と分かっているんでしょうね。女王蟻は生みわけをする事ができ、受精したものがメスに、受精しないものがオスになります。働き蟻は卵からかえって最初は、巣の中で卵や幼虫の世話をするのが役目で、一年ぐらいしてから、野外に出ての活動になります。そして、大体1年ぐらいすると寿命です。生まれてから、2年しか生きる事が出来ないんです。女王蟻は10年ほどの寿命で、死んでしまうと、その組織は衰退して絶滅してしまいます。女王蟻はえさが他の蟻とは違うため、卵を産み続け、その数、100万個以上という負担がかかっていながら、長生きできるんです。本題に戻りますが、先ほどの働かない「働き蟻」。逆に、働かない蟻ばかりを集めたら、どうなるかというと、働き始めるんだそうです。それも「2:6:2の法則」で、その中の2割だけは働かないそうですが。(笑)という事は、その働かない2割をどんどん別にしていって、最後まで働かなかった蟻が、働かない「働き蟻」選手権で優勝って子とですね!(笑)自然界から、こういう法則を学ぶと、こういうものなんだって思えてくるようになって、そうすると、働かない人に対しての見方まで変わってきて、気が楽になってくるのは私だけでしょうか。あっ、ただし、自分の子供だけは別です。働かない蟻にはさせたくないですね。

旦那の帰りが遅くて最近とても心配です。旦那は一度仕事で大怪我を負っており右肩があまりうまく動かせなくなってしまったのです。仕事や私生活に支障をきたしているわけではありませんが、それでも仕事の内容が外仕事なので心配にはなります。これ以上怪我や病気をしてほしくないですし、何よりも家族の大黒柱がいなくなってしまうのなんて想像がつきません。さらには今の仕事がなくなったら旦那は行くあてがないとよく話しています。今の上司は自分の事をとても気に言ってくれていて、事故のときも一目散に行動を起こして救急車をよんでくださったそうです。その前は印刷 仙台のような印刷会社でサラリーマンをやっていたのですが旦那にはそういった事務的な作業があわなかったみたいでよく転職をしたい、上司が嫌いだなどと愚痴ばかりこぼしていました。こっちも専業主婦をさせてもらっているので文句は言えませんでしたが、やはり愚痴ばかり言う旦那があまり好きになれませんでした。そして2年前に今の会社に転職したのですが、それが大正解。最初は1歳になる子どもがいるから今転職に失敗してもらっては困るから転職はやめてほしいと言い聞かせていました。それを押し切って今の会社にきたのですが、事故と言うハンデをおいながらもけっして愚痴をこぼさない旦那に惚れ直しました。今の会社は前の会社と全然違うと晴れ晴れとした顔で私に話してきます。そんな旦那を支えるのが嫁の務めだと思っているのですが、あまり頑張りすぎて欲しくも無いですねやっぱり。休める時はしっかり休んで欲しいです。

愛知は大好きなんですが、名古屋の人達はたまに他の県を見下しているような気がして「ん?」と思います。みんながみんなそんなような人ではないと思うのですが東海三県の中でもグンを抜いて都会だからでしょうか、インタビューなどを見ていてもずいぶん強気な発言をよく目にします。岐阜県民は宣伝能力が無いし、控えめな人達ばかりで町おこしをしようとしてもいまいち持ち上がりきりません。それに比べて愛知は何をしても盛り上がりますよね〜。都会だというのも大きいのですが宣伝能力に特化しているのでしょうか。探偵 岐阜の人がゆっていたと友達から聞いたのですが、愛知は一人ひとりが目立ちたがり屋なのでやはりそれだけやる事も他見に比べて数倍派手なんだとか。確かに名古屋は派手だといいますよね。一昔前は名古屋嬢という言葉も流行って、名古屋嬢と付き合うならばまずは破産を考えなくてはならないと噂されていたくらいです。それくらいお金を使ってしまうと言う事でしょう。今ではそんなイメージもありませんが、昔からあった「菓子まき」が代表的な伝統的な派手文化だった気がします。菓子まきというのはその名のとおりお菓子をばらまくのですが、結婚式に行う行事の一つなのです。結婚と言うお祝いごとにみんなにお菓子の詰め合わせをくばるという伝統行事なのですが、これをやるのは東海だけ(しかも愛知発祥)だと聞いてそうだったのか!と思いました。他見ではこんな事やらないんだとか。さすがに最近はこっちの方でもあまり見られなくなりましたが、私が小さい時は結婚式=お菓子がもらえるというイメージがついていたのもこのせいです。

熱い本格的な猛暑がやってきました。2013年7月8日ニュースを見ていたら、あちこちで猛暑日となると注意を呼びかけていました。35度の最高予想気温だそうです。外で仕事の方、熱中症にならないように注意して仕事をしてほしいですね。こんな暑い中でも、外で仕事をされる方がいてくださるから、社会が回っていくんだと感じると、感謝の気持ちと、体を壊されないようにしてほしいと思います。それにしても、今年に入ってから、春なのに、コートがいるかと思いきや、まだ、7.月に入ってそんなにたってないのに、猛暑だったり、気温差が激しくなって、体調を崩しやすくなって地球の環境が狂ってきているのではと気にかかります。実際にはどうなんでしょうか。天気や気候に敏感になってきたのは歳をとったから?それとも昔より気候の変動が激しくなってきたから?そう言っていても、この環境で健康に生活してかなきゃいけないので、私は、納豆を毎日食べて、納豆菌の助けをかりています。納豆を毎日食べることで健康になったって話きいたことないですか?「納豆で医者要らず」ダイエットにもいいというのも本当です。アディネポネクチン。この成分が脂肪燃焼を促進し、燃焼されやすい体質を作ってくれるそうです。良質たんぱく質は健康な体を作るのに、とても大切な栄養素です。筋肉を落とさず体脂肪を落として体を引き締めるダイエットを助けてくれます。大豆サポニンという成分は、小腸の絨毛を縮小する働きがあります。不思議なことに、体脂肪が増加するほど、小腸の絨毛は大きくなり、脂質や糖質を吸収しやすくなるそうですよ。必要以上の栄養を取らないようにするのが、ダイエットにつながりますから、大豆イソフラボンを納豆から毎日とる事は、近道になります。骨密度を高めるビタミンK2も他食品にない栄養素です。毎日納豆を1パック。これを続けて私は今年の猛暑を乗り切ろうと思ってます。

あずきのお菓子で甘納豆ってありますね。最近はめっきり食べる事がなくなりました。子供の頃はおばあちゃんからもらって喜んで食べていたんですが、大人になって、あまり甘ったるい物が好きでなくなったみたいです。お茶を飲みながら、数粒頂くのは美味しいんですが、好んで食べたいとは思いませんね。子供の頃に思ったんですが、何で納豆じゃないのに納豆なの?納豆に砂糖をかけたみたいな名前って、おかしくないって母に行った事がありありましたが、なんでだろうね・・・(笑)で終わってしまいました。それっきり忘れてしまっていたんですが、水ようかんで有名な久保田製菓の甘納豆を頂いている時にふとまたその疑問が湧いてきて一緒に食べていた友達に聞いたら、まともな答えがかえってきました。それによるとですね、納豆とは豆で出来た加工食品を意味しているそうです。たまたま、納豆の中で、糸を引くあの納豆が飛び抜けて有名になってしまい、納豆といえばあの糸引く発酵豆だという人気しになってしまっただけなんです。だから、甘納豆って行ったら、甘く豆を加工した食品って意味なんですって。甘納豆とドライフルーツって全然違うものなんだろうけど、なんだか同じ部類のお菓子のような気がしませんか。市販のドライフルーツって作るときに食紅がたくさん使ってあって色をよく見せていたり、食用漂白剤が使ってあったり、砂糖が付け加えてあったりするので、安く売っていると食べたいなって思う反面、危険なんじゃないかって、商品に伸ばした手が止まります。ドライフルーツを自宅で作れたら、安心で美味しく食べる事がで来ますね。作り方って意外と簡単みたいです。日当たりのいい場所に焼肉の金網の上に並べておくんです。オーブンを使って短い時間で作ることもできますが、最初は、天日干しにしてみるほうがお薦めです。だって、日に当てることでさらに栄養がよくなるんですよ。

寒くなってくると食べるものも変わってきますよね。夏までは冷たくて喉越しがよく後味すっきりなものが食べたいと体が欲するのですが、寒くなってくると段々とにかく体を温めようとするので暖かいものを食べたくなります。例えばコンビニでもレジカウンターの周りには中華まんやおでんなどが出てきます。コンビニってふと思った時にふら〜っと入れるので食べやすい中華まん等はついつい買ってしまうんですよね。私は冬の食べ物全般大好きなのですがその中でも特に越前ガニ 通販を使ったお鍋が大好きなのです!カニは新鮮でぷりっぷりしていて美味しいですし、カニの出汁が目一杯とれるのも嬉しいですよね!鍋の一番の楽しみと言ったらやはり締めではないでしょうか。私の家では締めは決まって雑炊なのですが、お店などでは締めの食材を選べる所がほとんどですよね。例えば「うどん」これは割と王道のような気がしますね。どんな出し汁でも合うと思います。次に「ラーメン」これも同じ麺類なのであまり味を選びませんがどちらかといえばこってりとした味の濃い出汁の方が美味しいかもしれません。最近はパスタなんてのもあると聞いて驚いています。さすがにそれは合わないんじゃない〜?と思ってたら「トマト鍋」というものに合わせると抜群らしいです。トマト鍋には他にもご飯を入れてチーズをまぶしてリゾット風にして食べたり、ふんわり卵を加えてオムライスとして食べる方法もあるみたいです。年々美味しい鍋の元が出ていますがやはりカニ鍋が私の中では一番ですね♪

浮気を繰り返してけんかを何度かした事があるなら別れたほうがいいです。直りません。まだ結婚しないうちに気がついてよかったと思って、別れましょう。浮気に対する考えが低いから何度も繰り返すんです。そして、自分の一番大切なはずのパートナーを苦しめても気にしていないって事です。浮気しやすい日とを見分けるにはどうしたらいいかって言うと、不倫調査 名古屋でしているベテランさんが見分けるポイントを教えてくれました。それが、嗜好品や持ち物が新しいものに何度も変わる人です。携帯電話をしょっちゅう機種偏している人は新しもの好きということで、危険です。飽きっぽい人も熱しやすくあきやすいのは、女性の好みに冠しても一緒です。自己顕示欲が強く、目立ちたがり家で、ちやほやされるのが好きな人。洋服や装飾品をたくさん買う人も危険です。パートナーと一緒にいてもしょっちゅう異性を目で追っている人。マメ過ぎて、いろんな異性に誕生日メールを送ったり、髪形や服装を誉める人。さびしがり家で口がうまい人は、相手の警戒心を解いて、接近するのが早いです。誘惑に弱かったり、好奇心が旺盛な人。こういった面がたくさんある人はちょっと気をつけて見ていた方がいいです。結婚は、ちょっと、心配ですね。

悩みなんて正直つきませんよね〜。この問題が解決したかと思えば次は全く別方向から重い悩みがくるので全くすっきりくる時がありません。一つ悩みを解決したと思ったらまた新しく悩みを増やしてしまうしこれは自分が悪いんでしょうが、それでも生活をしていかなければならないのでいちいちくよくよと悩んでいる暇はありません。やる事が沢山あるのならその分時間を有効に使わないといけませんし、いかに要領よく動くことができるかと鍛えることができます。先日も叔父の耳が聞こえづらいからと補聴器 福井で買ってあげようかと話したらそんなものいらん!病人扱いするなと叱られてしまいそれ以降叔父が口を利いてくれずにそれもまた一つの悩みになってしまいました。どうしても解決ができない悩みや誰かに助けてもらわないといけない悩みであれば相談所などがありますからそんなに思いつめなくても良い世の中だと思います。私が子供の頃は両親共に話し合いができず結局お互い話し合った結果離婚をしてしまったのですが、本当は親父が浮気をしていたのが一番の理由だというのにその証拠がないのと母親はとても優しい人だったので慰謝料はいらないと断りを入れて離婚をしたのです。浮気の場合は高額の慰謝料をとることができるはずなのに結局何ももらわずに父との別れを選択した母に私が納得がいきませんでした。しかしそれで母の悩みがすっきり晴れたと言うのならそれ以上は追及しない事にしました。

[[仙台の泉区で年中無休の鍵屋さん]]
仙台市の泉区には、年中無休の鍵屋さんhttp://xn--5y4a.asia/%e9%8d%b5%e3%80%81%e3%81%8b%e3%81%8e%e3%80%81%e3%82%ab%e3%82%ae%e3%80%81%e4%bb%99%e5%8f%b0%e5%b8%82%e3%80%81%e5%ae%ae%e5%9f%8e%e7%9c%8c/があります。やはり、いろいろなトラブルがあるものです。車のキーをさしっぱなしでドアをしめてしまったりということでも、24時間やっているところでしたら安心です。また、空き巣に入られたという時には、鍵を変えなければなりません。その際に、すぐに対応してもらえるのもありがたいです。夫婦で住んでいて、旦那さんは出張に行ってしまっていて、奥さんは鍵を忘れてでかけてしまって入れないといったときでも、すぐに駆けつけてくれものの数十分であけてくれます。年中無休ということで、いつでも頼れる存在ですので本当に助かる存在なのです。今、鍵と一言に行っても、シリンダー錠から始まってとても複雑なつくりになっています。しかしプロはものともせず開けてしまうのですから、すごいものです。逆にそこから転職して泥棒になった人はいないのかと心配してしまうほど鮮やかな手さばきです。料金はやはり深夜だったりしますと割増しになったりしますが、それはどこの世界もそうですからしょうがありません。それよりも、鍵が開かないという状況を打破してくれるという存在はとてもありがたいということで、感謝の気持ちで払えることでしょう。







Copyright(C) Mr.detective who escaped to Nagoya All Rights Reserved.